ディーラーの下取りは安いのか?

ディーラーの下取りは安いと言われていますが
本当のところはどうなのでしょうか?

 

調べてみると確かに買取業者に持っていってもらう方が
高く引き取ってもらえる傾向はあります。

 

でも、絶対にディーラーの下取りが安いとも言えません。

 

状況によっては下取りと買取のどちらが良いとは
言えないことも多いのです。

 

 

なので、まずは仕組みを理解して
どちらにするか選ぶ必要はあります。

 

 

そもそも、下取りというのはお金に換えるというよりも
値引きに近い性質があります。

 

 

仮に購入する車が100万円で
下取りの車は20万だとしましょう。

 

 

下取りの場合

 

下取りに出す車の価値は20万
その分を差し引いて80万円で購入できる

 

 

買取の場合

 

20万円で買取してもらい
それを足しにして100万の車を購入する

 

 

上記の例で言えば結果的には
新しい車を80万で購入する事になります。

 

どちらも違いがないように思いますが
実は交渉などで違いが出てくるのです。

 

 

下取りの場合は車と現金の交換はありません。

 

買取の場合は車と現金の交換になります。

 

 

下取りが安くなる理由はここにあるのです。

 

 

下取りで80万になるという事は
購入する側からすると、かなり値引きがされたと思います。

 

なので、これ以上の値引きは求めない場合も多いですし
オプションなどのサービスを付けてもらい
実質安くなったという感じにしてもらう程度となります。

 

 

しかし、買取で20万の現金をもらった場合は違います。

 

ディーラーは20万円をもらった事を知りませんから
100万円から出来るだけ値引きをしてくれます。

 

仮に5万円の値引きをしてもらえたとすると
買取で得た20万円と足せば、実質75万円で買えた事になります。

 

 

なので、結果的にディーラーで下取りは安くなるので
買取の方が得するという話になるのです。

 

 

ただ、ディーラー側が営業車として使いたいという場合は
高く引き取ってもらえる可能性はあります。

 

 

例えば、購入するとなれば30万円はするという車で
買取相場は20万円だとすると
中間くらいの価格の25万円で下取りしてくれるという感じです。

 

売る側も下取りで引き取る側もお互い得します。

 

 

タイミング的にこうしたケースに遭遇すれば
ディーラーの下取りも安くないことがあるのです。

 

 

メリットは?

 

そもそもなぜ、ディーラーの下取りをする人がいるのでしょうか?

 

買取業者で売ったほうが高いというのであれば
わざわざ下取りをしてもらう必要はありません。

 

何らかのメリットがあると考えても不思議はないわけです。

 

でも、実際のところ大きなメリットというのはありません。

 

・いつもお世話になってるから楽
・下取りの金額に興味を持ってない
・昔から利用しているから

 

こんな感じの理由で下取りに出している人が多いといえます。

 

結局、金銭的なメリットを感じで
下取りに出しているわけでもありません。

 

ただ、メーカーが同じであれば
金銭的なメリットがある事もあります。

 

トヨタ車ならトヨタ
ホンダ車ならホンダ

 

というような感じですね。

 

 

同メーカーであれば、下取りしても売りやすいですし
相場も細かく把握しています。

 

部品なども用意しやすいですし
コストも掛かりにくいので価格に反映されやすいです。

 

 

なので、敢えて言うのであれば
同メーカーであれば、ディーラーに下取りしてもらっても
メリットがあるかもしれません。

 

交渉するなら

 

ディーラーで下取り交渉をしたいというのであれば
買取業者で価格帯を調べておく必要があります。

 

そもそも、買取相場がわからないと
ディーラーが提示した金額が妥当かどうか
理解することができないからです。

 

なので、まずは一括見積もりサイトを利用して
自分の車の価値を知っておく必要があります。

 

その後で、ディーラーの下取りを確認すると良いです。

 

ディーラーの交渉でよくあるやり方としては
『下取り有り』の価格と『下取り無し』の価格を出してもらいます。

 

この金額を基準にして、ディーラー以外の買取業者と交渉します。

 

買取業者に売ったほうが良い場合であれば
下取り無しの価格で新しい車を購入すれば良いですし
逆であれば、下取り有りで購入すれば良いです。

 

ケースによっても違ってくるのですが
少しでも損したくないのであれば、比較は絶対に必要です。

 

『業者の電話がうざい』とかよく聞きますが
少しでもお金を欲しいのであれば
仕事の1つと割り切って査定してもらうべきです。

 

その結果、5万、10万と差がつく事もありますからね。

 

そこまでする程でもないと思えば
そのままディーラーで下取りをしてもらえば良いでしょう。

 

ただ、少しでも損をしたくないというのであれば
是非、買取相場を把握しておくべきです。

コラム
車の下取りは、主に乗り換える時に利用しますね。 もし少しでも高く売りたいと考えているのであれば、ディーラーで下取りをするのはやめた方が良いです。 そもそも、下取りと買取を混同して考えている人が多いのですが同じではありません。 下取り自体は色々なところで利用されており、なにも購入するものが車に限った話ではありません。 高額なものを購入する際に、それと同種のものを持っていれば可能性があります。 例えば、アイフォンなどの携帯電話やパソコンなどでも下取りしてもらい 商品を安く買う、もしくは実質無料で交換するなんて方法はよく見かけると思います。 要するに下取りとは、新しい物を買う際に 今ある物をお金に換算して、その分を値引きしてもらうという事です。 また、商品を購入するところで、そのままお金に換えることができるわけなので お店をはしごするなどの手間がかからないのでとても便利なシステムです。 元の車を新車で購入していたり、これから新車を購入する場合は 大体がディーラーで取引をする事になります。 すると、必然的にディーラーで下取りを頼むことになります。 この流れはとてもスムーズなので、何も疑問を持たずに手続きを進めてしまい お金の損をすることになってしまうのです。 どうしてディーラーで売ると損をしてしまうでしょうか? もし、『下取りの金額なんかどうでもいい』いうのであれば そのまま売ってしまえば良いでしょう。 しかし、できる限り新車を安く買いたいというのであれば ディーラーのみの査定額で決めてしまうのはやめたほうがいいです。 では、どうするべきかといいますと、買取してくれる業者で査定をしてもらい 比較してから決めるべきなのです。 ディーラーは基本的に中古車を販売して利益を出すことに集中していません。 ですから、無理して中古車を買い取る必要がないのです。 しかし、中古車販売業者は違います。 今や査定は一括で簡単に行える時代であり、わざわざディーラーに下取りを頼む必要がないというのです。 下取りで得るお金は次の車を購入する際の大切な資金となるものですから 少しでも高い値段を付けたいと思うのは当然でしょう。 一括サイトならどこが安いか高いかひと目で分かるので、余計な手間がかかりません。 余計な手間というと、下取りの作業自体も見方によっては余計な手間と言えるでしょうか。 そこでディーラーの出番となり、車を売る行為と買う行為を紐付ける事ができます。 それは単なる事務的な下取りの意味を超え、人と人との繋がりにも及ぶでしょう。 たとえば新車を購入する際には、通常だと値引き交渉が難しいのですが 下取りを経由していると融通がきく事があります。 他所で車を売ってきて買う、というよりそこで車を売って買う方が心象は良いですからね。 もちろん事務的な意味でのメリットも大きく、貴重な休日を下取りだ何だと潰される事もなくなるでしょう。 何しろディーラーに任せてしまえば 下取りから購入までが一連の動きの中に完了するのですから。 下取りといえばディーラー、というのは一昔前の考え方でしょうか。 ネットからの一括査定だけでなく中古車買取業者の存在が大きく、下取りの選択肢に多様性があります。 しかし、せっかく車を持って行っても買取りできないと言われることがあります。 査定しても価値が出ない車はディーラーに持っていって下取りを頼んでも 無駄どころかお金を取られる事すらあるかもしれないので別の方法で処理しましょう。 車は金属やパーツの塊なので、これを売る方法は幾らかあります。 少し前まではディーラーの下取り価格は低いと言われていましたが、ここ最近は頑張っているようです。
更新履歴