比較しないで下取りしたら損します!

まさか13万キロの軽が7万で売れるなんて!
どこに行っても下取り0円と言われた車が売れた!

>>利用しないと損するサービスとは?

車下取り0円はあり得る?

車下取りに際して、よほどボロボロに乗り潰した車でもなければ多少なり自信を引っ提げて挑まれるのではないでしょうか。

 

しかし、現実には0円査定という驚きの結果が出る事があり得るのです。

 

文字通り一銭にもならないので、車下取りを前提に乗り換えを検討している場合は計算が狂ってくるでしょう。

 

0円で済むだけならまだマシな方とも言え、廃車手続きに入れば余計な出費が増えます。

 

そもそも車下取りは中古車販売の可能性を求めて行われるため
0円という査定が出た車は売れないという事です。

 

確かに売れない車を買うのは事業でなくボランティアの類ですから
ボロボロの状態で車下取り0円の結果になったとしても不思議はありません。

 

その車下取り結果を素直に受け止めても良いのですが
少し考えて別の可能性を求めてみませんか。

 

車下取りで0円だから価値がない、と判断してしまうのは少々早計です。

 

実はディーラーによって車下取り価格が異なる場合があるので
一軒目でダメ出しされても早々と諦めてはいけませんよ。

 

因みに注記しておくと、車下取りの結果がディーラーごとに変わるという事は基本ありません。

 

車下取りの際の査定ポイントには規定項目があり
これに沿って値段を算出するため誰が査定しても結果は同じという事です。

 

基本的な部分こそ同じでも、実際に車下取りで
入手した中古車を販売する作業がディーラーには残されています。

 

販売に際する環境は当然ながら地域色が強くなるため
需要や販売ルートの規模などで車下取りの結果が異なる事はあり得るのです。

 

しかしこれは最終的な評価の部分であり
車下取りの目指す部分は一様に決まっているため過度な期待は禁物です。

 

車下取りで0円と評価され、どこのディーラーにも見向きされないと
いよいよ廃車待ったなしかもしれません。

 

幾らかかるか気になるところですが、そう不安を覚える事はないでしょう。

 

たとえ動く車としての価値はなく車下取りはできなくても
車を構成する材料には価値があります。

 

ゴミとして見るか資源としてみるか
その違いですが処分する方法は車下取り以外にも存在するのです。

 

車下取り以外の方法で車を処分すると言って、まず思い浮かぶのは単純な買取りでしょうか。

 

車下取りよりも廃棄処分に似ていますが、まだまだ走れる車も対象です。

 

一般に、買取りの方が高値になりやすいという話があります。

 

下取り0円でも諦めないで!!
その車!欲しい業者がいるかもしれません!!

>>利用しないと損するサービスとは?