比較しないで下取りしたら損します!

まさか13万キロの軽が7万で売れるなんて!
どこに行っても下取り0円と言われた車が売れた!

>>利用しないと損するサービスとは?

車の下取りは3年だとどれくらいの価値?

車下取りでは3年ということがよくいわれますが、それは下取り査定がガクッと下がる年数だからです。

 

購入してから3年と言うのは一つの目安で、そう考えた際
車下取りで乗り替えや買い替えのタイミングとして3年が指標になります。

 

購入して3年も経っていないのに10万km近く走っている場合は、
それが車下取りのよい時期になります。

 

1年で1万km走るのが平均なのに、1年で2万km以上走っている場合
やはり車下取りでは3年が目安になります。

 

市場価格が高い人気車に乗っていて
今売れば車下取り額が高いような状態だと、3年が買い替え時期です。

 

迷ってしまうかもしれませんが、乗りつぶすのが
一番無駄なお金を使わなくても済むタイミンクが車下取りの3年です。

 

3年も乗っていると飽きてくるのも無理はなく
そんな時、ベストな車下取りのタイミングが3年です。

 

車下取りでは3年が目安であり、特殊な条件の場合などを除き
妥当な年数といえるかもしれません。

 

車の買い替え時期として3年と言う年数はよく聞きますが
それは車下取りでも同じことが言えます。

 

巷のカー専門雑誌などでも、車買い替え3年サイクルという特集が組まれていて
車下取りでは3年を後押ししています。

 

実際に車を3年で乗り替えるのはどうなのかというと
それなりに、車下取りでのメリットはあります。

 

車を3年で乗り替えると、車検を一度も受けずに済むというメリットがあるので
車下取りはおすすめできます。

 

車を3年で買い替える最大のメリットは、車下取りで、車検を払う前に売却出来ると言うことです。

 

中古車には当てはまりませんが車下取りで新車購入の際
初回購入時のみ3年目に最初の車検を迎えます。

 

車下取りでは3年目がおすすめで、カー雑誌などでも3年サイクルを推奨していているくらいです。

 

その理由の一つは、最初の車検を迎える前の2年目で
車下取りで売ってしまえば車検代を一度も払わずに済むからです。

 

新しい車をどんどん試す事が出来るのも車下取りを3年目にすることのメリットで
どんどん新しい車に乗ることができます。

 

飽きの来にくいカーライフを送ることができるので
飽き症の人は、車下取りでは3年目がおすすめです。

 

新しい車にどんどん目移りしてしまい
お金に多少の余裕があるなら3年を迎える前に車下取りに出すことです。

 

3年で車下取りすれば、下取り査定である程度高額が期待できるというメリットもあり、おすすめできます。

 

下取り0円でも諦めないで!!
その車!欲しい業者がいるかもしれません!!

>>利用しないと損するサービスとは?