比較しないで下取りしたら損します!

まさか13万キロの軽が7万で売れるなんて!
どこに行っても下取り0円と言われた車が売れた!

>>利用しないと損するサービスとは?

車の下取りで印鑑証明は必要?

車下取りでは、売却、廃車する際、必ず必要になるのが印鑑証明で
これは必ず必要になってきます。

 

印鑑証明というのは、住所、氏名、性別、生年月日を登録したもので
車下取りの際、市や区が証明してくれます。

 

印鑑登録証明書が印鑑証明のことで
登録した印鑑を実印といって
車下取りの際、自動車を購入するときに必要になります。

 

名義変更、廃車の時は必ず必要なのが印鑑証明で
車下取りの際には必ず必要になる書類の一つになります。

 

印鑑証明は、自動車ローンの時にも必要なので
車下取りの時には必須のもので、新車購入時に必要なものです。

 

印鑑証明の枚数は1通でよく、車下取りに当たって
自動車ローンの場合、印鑑証明は1通のみ必要になります。

 

しかし、車下取りに当たって、下取り車がある場合の印鑑証明は
1通〜3通必要になるので注意が必要です。

 

車下取りをする場合、下取車の名義変更用として印鑑証明が1通
自動車税還付用が 1通、自賠責保険解約用が1通必要です。

 

基本的に、印鑑証明と実印があれば
不動産の売買やお金を借りるなどの様々な手続きができ
車下取りでも必要です。

 

車下取りのために、印鑑証明を手に入れるには
実印と免許証をもって役所に行き、印鑑の登録をすればOKです。

 

一度実印を作ってしまえば、一生その印鑑が実印になり
印鑑証明は、車下取りで非常に重要なものです。

 

一度印鑑登録をすれば、変更するのに手間がかかるので
車下取りに際しては、印鑑証明は慎重に作りましょう。

 

少なくとも100円ショップなどで売られている印鑑で
印鑑登録するのは避ける必要があり、車下取りの際に影響します。

 

まず、車下取りに当たっては、基本的な流れがあり
ディーラーや中古車販売店に行き、購入する車を決定します。

 

車下取りでは、購入するお店で持っている車の下取り査定を依頼し
査定額が決定すれば、車の値引き交渉に入ります。

 

そして下取り査定額を元に
車下取りでは、次に購入する車の車体割引と
オプション割引を交渉します。

 

総額が決定したら、車下取りでは、購入する車の契約と
車を手放す下取りの手続きをします。

 

車下取りの手続きは、購入するお店でするのが普通で
契約する際に同時に行うというのが一般的です。

 

手続きについては、車下取りでは、印鑑証明が必要ですが
必要な書類だけ持参すれば、後は営業マンや担当スタッフがやってくれます。

 

基本的には、車下取りでは、印鑑証明などの書類を用意し
言われた所に印鑑をつけば、)契約の手続きが完了します。

下取り0円でも諦めないで!!
その車!欲しい業者がいるかもしれません!!

>>利用しないと損するサービスとは?