車の下取り値段がつかない時は?

車の下取りで値段がつかないということは、実際あり得ることで、値段がつかずに0円なることがあります。

 

こうしたことはよくあることで、車の下取りで値段がつかないばかりか
逆に処分費用が掛かる場合もあります。

 

ディーラーでは、毎年更新される下取り価格表が冊子になっていて
車の下取りの値段がそこには記載されています。

 

国産車が一通り記載されているので
記載されている金額から状態で減点していき
車の下取りの値段をつけます。

 

そのため、状態が悪ければ、車の下取りの値段はどんどん下がっていき
0になり、値段がつかないという事態に陥ります。

 

最初から車の下取りで値段がつかないという例もあり
例えば、事故車のような場合、値段がつきません。

 

3年落ちの車の場合でも、車の下取りで値段がつかないことが多く
新車から3年目の車検で買い替えの査定をしたときに、そうなります。

 

車の下取りで値段がつかないというのは珍しいことではなく
走行距離だとか傷だとか関係なしに設定額が0円になることがあります。

 

まだ3年しか乗ってない車の下取りで値段がつかないというのは
ショックは大きいですが、実際、査定額が0円と答えられることがあります。

 

購入予定の車の値引きを減らして
車の下取りの際、査定分に回すにしても
自分の権限でできる値引き額はたいしたことありません。

 

ディーラーの車の下取り査定は、プラス査定は少なく
人気色や装備で金額が上がることが少ないです。

 

シートを変更して、ハンドルも社外品に変えていた場
純正に戻す金額が査定額から引かれるので車の下取りは低くなります。

 

ダッシュボードに穴をあけてメーターなどを取り付けた場合
車の下取りでは、換える金額もひかれてしまいます。

 

買取専門業者のように
人気のある装備ならプラス査定になることは、車の下取りではありません。

 

車の下取りで値段がつかないというのは本当のことで
10万キロを超えると過走行で査定は0円になります。

 

ただディーラーの場合、値引き分を査定に回したり
車の下取り査定額に上乗せできる額があったりすることはあります。

 

そうなると、車の下取りで値段がつかないことはなく
見積もり上では少し値段がつく場合もあります。

 

しかし、基本的に車の下取りの場合
走行10万キロ超となると、厳しい査定が入り値段がつかないことが多いです。

 

10万キロ走るとタイベルの交換、消耗品の交換など手間が増えるので
車の下取りで値段がつかないことが多くなるのです。