車の下取りと納税証明書

車下取りでは、車を買い換える場合
下取車には、納税証明書が必要になるので
注意しないといけません。

 

ディーラーからの書類には、車下取りに際して必要な書類として
納税証明書というものがあり、自動車納税証明書のことです。

 

特に、車下取りに際しては
役所へ行って納税証明書を取りに行くという事は必要ありません。

 

自動車納税証明書が納税証明書のことで
車下取りでは、4月以降に届けられた
自動車税の払い込み用紙が必要になります。

 

金融機関やコンビニで払い込みをして
受け取った小さい紙切れが納税証明書になり
それが車下取りでは必要になります。

 

納税証明書を無くした場合は
車下取りの際、区役所や市役所で再発行してもらう必要があります。

 

自動車税は4月1日時点の自動車所有者に対して納付書が送付され
それが車下取りの際に必要な納税証明書になります。

 

車下取りでは、納税証明書が必要で
納付書を使って自動車税を納めることで
納付書がそのまま納税証明書になります。

 

納税証明書は車下取りの際、売却の際の必須書類になるので
納税した後は速やかに車検証と一緒に保管しておくことです。

 

それを怠ると車下取りの際
納税証明書をどこにしまったのかわからなくなり
あちこち探しまわるハメになります。

 

納税証明書は、車下取りの際、車売却の際に必要になるわけですが
なぜこれが必要になるのでしょう。

 

それは、納税証明書は車検を受ける際に必須であるからで
車下取りの際、十分に注意しなければいけません。

 

名義変更には納税証明書は必須ではありませんが
車検の際には納税証明書が必要なので、車下取りで求められるのです。

 

2年分の車検を受けた直後の車なら
新所有者が納税しているはずなので
車下取りの際、納税証明書が無くても済みます。

 

車下取りでは、基本的に、納税証明書が必要なので
ややこしいトラブルを避けるためにも、納税証明書は揃えておくべきです。

 

納税証明書は、必ず車下取りでは必要なもので
必ず要求してくるので、用意しておかなくてはなりません。

 

納税証明書を再発行する場合は
車下取りの際、なくした場合で、納税証明書をなくした場合
再発行を受けることができます。

 

再発行は納税をした地域の陸運局近辺にある
自動車税管理事務所でできるので
車下取りの際、なければ再発行してもらいましょう。

 

車下取りの際、納税証明書を再発行してもらう時は
車検証と印鑑が必要なので、認印ひとつ持っていきましょう。

 

原則として再発行には手数料はかからないので
車下取りの際、必ず売却前に、再発行をしてもらいましょう。