車の下取りでスペアキーが無しの場合査定に影響は?

車の下取りでスペアキー無しの場合、焦ってしまいますが
特に問題なく引き取ってくれるので、心配はありません。

 

実際、車の下取りで、スペアキーを紛失していても
無しだからといって、マイナス査定になることはありません。

 

そうした心配はなく、車の下取りでスペアキー無しでも
メインキーが1本あれば、マイナス査定にはなりません。

 

もちろん、すべて揃っているに越したことはないのですが
車の下取りでスペアキー無しでも大丈夫です。

 

最近の車はスマートキーやスマートエントリーなどではなく
電波でドアロックの施錠開錠ができるので、車の下取りでスペアキー無しでも問題ありません。

 

ボタンを押すだけというものもあるので、車の下取りでスペアキー無しでも、特に問題はなのです。

 

物理的なキーでカギを開け、エンジンをかける車の場合でも、車の下取りでスペアキー無しでもOKです。

 

車の下取りでスペアキー無しでも、車にはメインとなるキーがあるので、なくてもよいのです。

 

スペアキーは数個用意されていて、納車の際、渡されることになっていますが
車の下取りの際、スペアキーを渡す必要はありません。

 

実際、スペアキーがなくても車を売ることは可能なので、車の下取りでスペアキー無しでも売却できます。

 

一部、噂ではスペアキーがないと査定額が下がるとよく言われますが
車の下取りでスペアキー無しでも査定は下がりません。

 

それは大きな勘違いで、車の下取りでスペアキー無しでも
そういった形で査定額を低くされることはありません。

 

賃貸マンションでは、借主が変わると玄関のカギを交換しますが
車はオーナーが代わっても交換しないので、車の下取りでスペアキー無しでもよいのです。

 

キーに対する防犯上の概念はないので、車の下取りでスペアキー無しでも査定額は下がりません。

 

車の下取りでスペアキー無しだと心配になりますが、基本的にはメインキー一本あればそれでよいのです。

 

車を買うと、メインキーとスペアキーがもらえますが、車の下取りに出す時は、両方出した方がいいです。

 

本来なら、車の下取りの時は、メインキーとスペアキーの両方を渡すというのが好意的です。

 

記念として手元に残したいと考える人もいますが
車の下取りでスペアキー無しでなければ、スペアキーも出すべきです。

 

ただ、車の下取りの際、スペアキーを一緒に出したとしても、下取り価格には全く影響はありません。

 

中古で売られている車は、メインキー1本だけが多いので
車の下取りでスペアキー無しでも気にする必要はありません。

買取業者の人気ランキング!