車の下取り価格は外車だと安くなる?

車の下取り価格は外車だと安くなるのかというと
はっきりいって、安くなるのは否めません。

 

外車に乗っていて、国産車に乗り換えたいという人は多いと思いますが
車の下取り価格は外車だと安くなります。

 

そのため、外車を車の下取り価格で出す際
国産ディーラーでの下取りでの場合は、あまり期待しないほうが良いでしょう。

 

外車の車の下取り価格は高値が付きにくく
国産車と比べて、下取り価格はかなり低い傾向にあります。

 

外車は高級車ばかりなので
車の下取り価格が安くなるとビックリするかもしれませんが
これが現実です。

 

日本のディーラーでの車の下取り価格は
外車だと安くなるというのは、一般的な常識になっています。

 

なぜ、外車の車の下取り価格は安くなるのかというと
転売が難しく、価格の下落が激しいからです。

 

車の下取り価格は外車だと安くなるのは保証などのコストが高く
相場の予測がしづらいという側面もあります。

 

国産車と比べると、輸入車は数がかなり少なく
故障が多くて維持費が高額になるので
車の下取り価格は外車だと安くなるのです。

 

そうしたイメージが根強く残っているので
車の下取り価格は外車だと安くなり、国内での転売が難しくなるのです。

 

外車は何年も在庫として残ってしまうリスクが高いので
車の下取り価格はどうしても安くなってしまいます。

 

高く買い取ることができないという理由が外車には
ちゃんとあるので、車の下取り価格は安くなるのです。

 

また、外車は価格の変動がかなり大きく
古くなるほど売れにくくなるので、車の下取り価格はどんどん安くなります。

 

新車で買った車が、外車の場合、5年後の車の下取り価格では
価値が10分の1になることも少なくありません。

 

車の下取り価格は外車だと安くなるのは常識で
買取価格よりも価値が下がるリスクがあります。

 

基本的に、車の下取り価格は外車だと安くなる傾向にあり
安い査定しか出すことができません。

 

輸入車の場合、故障した時の修理代が高くつき
部品を輸入する必要があるので、車の下取り価格は安くなります。

 

外車の場合、車の下取り価格が安くなるのは
専門的な知識が必要になったりすることも関係しています。

 

転売後の保障コストも高額になりやすく
外車の車の下取り価格は安くなる原因になっています。

 

国産車であれば数万台が取引されていますが
外車だと数が少ないので、車の下取り価格はどうしても安くなります。