車下取りの時のガソリンの残量はどれくらい?

車下取りの際、気になるのが、ガソリンの残量で、どのくらいにしておくべきかが心配になります。

 

あまりガソリンの残量が少ないと、車下取りをしてもらうにあたって、非常識なように感じてしまいます。

 

ランプが付くほど、ガソリンがスッカラカンだと
車下取りをしてもらう場合、失礼に当たるのではと思います。

 

しかし、ガソリンの残量に関しては、車下取りをする方にとっては
一目盛りも残っていれば車屋としては万々歳なのです。

 

ガソリンの残量が半分以上だとすれば、車下取りをする方にとっては、踊り狂っちゃうかもしれません。

 

結局、車下取りの際のガソリンの残量については、ランプが付かない程度で良いという結論になりそうです。

 

要するに、車下取りの際のガソリンの残量については、特に気にしなくても大丈夫だということです。

 

車下取りの際のガソリンの残量については
毎回ランプ点灯状態で渡すというのが一般的に考え方と言っていいでしょう。

 

ガソリンの残量というのは、車下取りに関してはあまり関係がなく
過走行とか年式、外装のキズやヘコミを主に見ます。

 

乗っていた車を車下取りに出す場合、ガソリンについては、全てスッカラカンに近い状態でも問題ありません。

 

ガソリンの残量がなく、もし入ってなくて走れない場合でも
車下取りでは、キャリアカーで引き取りに来てくれることもあります。

 

車下取りに出す際、給油ランプが点いてから30キロくらい走ってからお店に持って行っても問題ありません。

 

お店の人はオークションに出すので、車下取りの際、ガソリンなんか入ってなくても問題ないと言います。

 

ガソリンの残量がなく、カラカラの状態であっても、車下取りでは、特に相手に失礼には当たりません。

 

車下取りでは、ガソリンの残量が少ないと気にしますが、実際には特に深く考える必要はないのです。

 

ガソリンの残量を車下取りの際、気にするのは、日本人特有の考え方であり、特別な感情といえます。
実際に車下取りや買い取りに出す際、ガソリンの残量というのは、特に気にする必要はないのです。

 

ディーラーに運べる程度のガソリンの残量があればよく
車下取りでは、下取りに出すからといって、気にすることはありません。

 

ガソリンは入れておいた方が、失礼がないと考える人が多いのですが、車下取りでは、あまり気にしていません。

 

営業マンやスタッフから、車下取り前に、ガソリンは出来るだけ抜いて来て下さい、と言われるくらいです。