車の譲渡は所得になる?

車の譲渡は、家族間でならそう珍しくない頻度で発生する可能性があります。

 

親から子へと、大学進学などのタイミングで使わなくなった車の譲渡というパターンが多いでしょうか。

 

車の譲渡というのは要するに車の名義人が変わるという事で、ただ持ち主が変わるだけではありません。

 

名義が変われば納税義務も対象者が変わり
車の譲渡を経た新たなる名義人は納税義務を得ると同時に車という資産を得る事になります。

 

車はピンからキリまでありますが一様に高価であり、それ自体が資産と言えます。

 

資産を移転させる際には通常ここに税金がかかるのですが
車の譲渡の場合はどうなるでしょうか。

 

その車が通勤用などで日常生活における必需品となっている場合
車の譲渡で所得になるといっても課税されることはないようです。

 

車の譲渡というものは、確かに珍しいものではありません。

 

しかし頻繁に起こるというものでもなく
手続きやシステムに慣れていない方がいても不思議はないでしょう。

 

ところで、車の譲渡をする際に資産とならないつまり所得になるとは
言い難い車というのは存在するでしょうか。

 

いわゆる0円査定を受けるようだと、資産とは言えないかもしれませんね。

 

車の譲渡を行う前に、まず査定を行って今の車に
どの程度の価値が付いているのかをチェックしておいても良いかもしれません。

 

車の譲渡目的だから売る気もないのに査定を行うのは気が引けるという方は
ネットから簡単査定を利用してみると良いでしょう。

 

あくまで簡易的なものですが、目安としては相応に役立つものです。

 

車の譲渡を考えている方は、その車が幾らくらいの価値になるか把握しておいても良いですね。

 

車の譲渡は所得になるか、なると判断され贈与税などがかかる事もあるため
慎重に行動したほうが良いでしょう。

 

特に車の譲渡をする相手が学生の場合、名義を変更してもこれといったメリットがありません。

 

車の譲渡とは、要するに名義人を変更するという事です。

 

言葉にするとこの上なく簡単で単純なものですが
いざ車の譲渡を行おうとすると手続きの煩雑さに驚かれるかもしれません。

 

前述していますが所得になるケースもあり、税金の面からも車の譲渡は
ただ持ち主が変わるという話では済まないのです。

 

特に譲渡証明書は正式な書式である事が求められる文書なので
車の譲渡をする際にはしっかり確認しておきましょう。

 

車の譲渡に関する情報をどこでチェックするかという話ですが
陸運局のサイトや各種ブログなどを参考にしてみる事をお勧めします。