車の下取りに必要な書類

下取りは家電製品にもしばしば見られるものですが、車となると金額が違います。

 

新しい車を買うにあたって古い車は不要ですから、手放す方は多いでしょう。

 

二台持っていて駄目な事はありませんが
税金やら何やらが気になるので多くの方は下取りという方法を選択します。

 

下取りに出せば、新しい車を購入する際の足しとする事ができるので
ワンランク上の車を目指せるかもしれません。

 

さて、しかし車を下取りに出すと言ってもただ持っていけば良い訳ではないのです。

 

車とは動産ですから所有権を手放すにあたって
必要となる書類が幾つもあり下取りの際にも必要とされます。

 

下取りではなく査定する段階では
必要となる書類も車検証くらいのものでしょうか。

 

下取りをして車を売るとなると、必要になる書類の数もかなり増えてきます。

 

流石に車検証だけという訳にはいかず
もっとも車検証は車に携行している筈のものなので
下取り云々がなくても常に用意できるでしょう。

 

自賠責保険証も重要度の高い書類で、これがないと車を売ることが出来ません。

 

もし無くしてしまったら下取りに出す事を諦めて
とはならず再発行すれば大丈夫です。

 

そしてもう一つ、自動車税納税証明書も非常に重要度の高い書類です。

 

やはり、こちらもなくしたら下取りに出せないという事はなく再発行すれば済むので一安心でしょうか。

 

ただ、無いものが増えると用意する手間がそれだけ増えてくるので
下取りにかかる作業が煩雑化してきます。

 

新しく車を買おうと思っても
そこに下取りを挟むと途端に面倒くさく感じる事もあるでしょう。

 

しかし下取りしないと車が余計に増えるだけでなく
アテにしていたお金が入らなくなります。

 

下取りをする際に書類の用意し忘れがあると
次のステップへ進むまでに膨大な時間を要するでしょう。

 

確実に用意しておきたいところですが、うっかり忘れてしまいやすいものもあります。

 

たとえば住民票は、通常の場合は必要のないものですが
特定の条件を満たしている時に下取りをすると欠かせないものとなるのです。

 

ずばり言うと引っ越しで、車検証と印鑑証明書の住所が
それぞれ異なるような場合では下取りに必要な書類が増えます。

 

一度に全てを用意しようとしても大変なので
車の乗り換えを考えた頃から下取りの準備を始めていくと良いでしょう。

 

ただ、印鑑証明書は発行からの有効期限が短い点に注意です。