比較しないで下取りしたら損します!

まさか13万キロの軽が7万で売れるなんて!
どこに行っても下取り0円と言われた車が売れた!

>>利用しないと損するサービスとは?

車の下取りのクレーム

下取りに出された車がどこに行くかというと、新たな主人を求めて市場に流れます。

 

よほどポンコツで走行不可と判断されたものはスクラップか部品回収でしょうが、そんな状態の車が下取りに出せるとも思えません。

 

出す方は新たな車を購入する際の頭金とするのが目的ですが
下取りを受ける方は更に売る事まで考えています。

 

そのため、一度は話が纏まって手放した車に対して
クレームが入るという問題が下取りの世界でしばしば確認されているようです。

 

下取りに出したとしても

 

『査定をしたのは自分ではないのだから責任を追うところではない』

 

と言いたいところなのですが直接クレームが来ることもあるようですね。

 

下取りに出した際の書類の内容と
実際の車の状態が違っていればクレームが届くのは当然でしょう。

 

ただ、通常であればほぼ間違いなく下取りをする際に査定を受けるので
実際の状態と申告内容にズレが生じることはありません。

 

こう考えたくなるのですが、たとえプロと言っても所詮は人間です。

 

仮に下取りの際に虚偽の深刻をして
そのまま露見せず話が進んでしまう事も無いとも言えません。

 

そうなった時に、責任は虚偽の深刻をした自分に及ぶため素直に申告しておきましょう。

 

ただ、こうした手続き上の不具合が認められないにもかかわらず
下取りにおけるクレーム問題は跡を絶ちません。

 

下取りで自分に非がない事は明らかだったとしても
難癖をつけられているようでいい気分ではありませんね。

 

さて、下取りではなく買取りの話になるのですが
クレームに対する保険が存在するようです。

 

文字通りクレームが来た際に効力を発揮するもので
余計なトラブルを回避できます。

 

やはり、下取りと比べた時に買取りはリスクが大きくなるのでしょうか。

 

下取り価格が一度出たものを
そこから交渉して値上げというのはなかなかに大変な行為です。

 

買取りの方は色々な値段と比較して検討する事ができるため
値段の面で下取りに対して水をあける事ができるでしょう。

 

その代償がクレームというのは皮肉ですが
選択肢が一つではないという事です。

 

車を売って買うという行為は、人生にそう何度も訪れるものではありませんから
下取りも時間をかけて駄目な事はありません。

 

ただ、車には高く売れる時期というのがあるので
下取りに掛けられる時間には限りがあるでしょう。

下取り0円でも諦めないで!!
その車!欲しい業者がいるかもしれません!!

>>利用しないと損するサービスとは?