車下取りと洗車について

車下取りというのは、要するに車を売るという事です。

 

売れる条件というものがあり、これを如何に満たしていくかが課題となります。

 

当然ながら綺麗である事に越したことはないので、車下取りに向かう前に洗車して綺麗にする方は多いかもしれません。

 

さて、しかし洗車は本当に車下取りへと向かう際に必要な作業なのでしょうか。

 

車の状態として、綺麗さを見られる事はあるかもしれません。

 

しかし、下取りに出した車をそのまま市場に流すというのは考えにくいですし
車下取りに向けて出来ることはしておきたいですが無駄なことは避けたいです。

 

結論から言うと、車下取りに向かう際の洗車は意味がないでしょう。

 

車下取りで手に入れた中古車を
ディーラーや業者はそのまま売るのではなく自分達の手でピカピカにします。

 

考えてみれば当然の話で
つまり査定において車が綺麗かどうかは重要ではありません。

 

重要ではないのですが
車下取りに向けて放っておいて良い話でもないでしょう。

 

車下取りにおいて査定する基準は事務的に定められており
基本どこで見てもらっても変わることはありません。

 

しかし、それを用いて実際に車下取りの査定をするのは人間です。

 

人間が扱う以上、事務的な部分だけでは済まず
当然ながら心理的な作用が働きます。

 

汚い車よりも綺麗な車の方が、心象が良いのは当然のことで
この心理的な作用は車下取りの様々な部分に影響するかもしれません。

 

綺麗な車のオーナーに対しては安心感を抱きやすく
反対に汚い車のオーナーに対しては車下取りに向かう際に
言い知れぬ不安を覚えるのではないでしょうか。

 

車下取りは売却から購入までが繋がっているため
信頼関係が大切なのです。

 

車下取りに、洗車は直接影響しませんが心象を良くするために検討してみたいです。

 

どこまで綺麗にすれば良いかは判断の難しいところですが
車下取りに向けて車体が鏡になるほどピカピカである必要はないでしょう。

 

もし心象が良くなったとしても、コストをかけすぎたのでは本末転倒です。

 

洗車をするにしても、車下取りでの影響を考慮し
費用は抑えめというのが基本的な考え方になります。

 

たとえばコイン洗車のように、手軽で安価な場所を選ぶと
費用対効果は高そうです。

 

洗車だけすれば良い、とはいかず
他にも気になる部分は幾つかあるので車下取りまでに行っておきましょう。

 

たとえばドリンクホルダーや消臭剤など
普段まず取り外さないだろうものは車下取りの時には外しておくのが基本です。