比較しないで下取りしたら損します!

まさか13万キロの軽が7万で売れるなんて!
どこに行っても下取り0円と言われた車が売れた!

>>利用しないと損するサービスとは?

車下取りの流れを確認しておこう!

車下取りは、車を売ることではなく買うことがメインです。

 

売ることをメインに考えている方もいるかもしれませんが、この認識の違いは車下取りの流れに影響を与えるので注意しましょう。

 

売ることをメインに考えるのであれば、車下取りではなく買取りという方式を選択する事が勧められます。

 

話を戻して車下取りの流れについてですが
まず購入する車を中古車販売店など購入予定の店で見繕いましょう。

 

もちろんディーラーへ行って、新車購入というのもアリです。

 

購入する車がなければ車下取りもありませんから、ここから始めます。

 

因みに、車下取りではなく買取りの話が出ましたが
少しでも高く売ることにだけ注目するなら買取りの方が有利です。

 

車下取りのメリットはスムーズである事ですから、これを最大限に利用したいですね。

 

購入予定となる車が決まったら、いよいよ車下取りの核心部分でもある査定に入ります。

 

時間がかかりそうに感じますが
査定そのものは車下取りの流れの中でも
比較的スピーディに終わるのではないでしょうか。

 

評価ポイントは決まっており、状態がどの程度かを見て判断するだけです。

 

もちろん車下取りに際しては専門のプロの手によって行われるため
基本的に間違いはありませんが稀にチェックから漏れる事があります。

 

この査定が済めば車下取りも一段落、と言いたいところですが
次に最大の山場とも言える値引き交渉が待っているのです。

 

もちろん購入予定の車の値引き交渉で
車下取りの査定はここに繋がります。

 

まず買う車を決め、売る車があるなら査定してもらって
価格を出して買う車の割引をするという流れで車下取りは進みます。

 

車下取りの流れが業者ごとに違う、という事は恐らくないでしょう。

 

車下取り作業をスムーズに行うためには
購入予定の車にある程度の目星を付けておく事が肝要です。

 

ただ、適当な時期に車下取りをするよりもタイミングを狙った方が
査定に影響するため高値を付けたい方は注意しましょう。

 

たとえば季節ごとに車の需要があり
これに合ったタイミングで車下取りを行うと少なからず影響します。

 

また車下取り前に車体をどこまで綺麗にしておくかという話ですが
板金を要する大掛かりな修理はしないでも良さそうです。

 

直してもバレますし、修理費用が査定額を上回ってしまえば意味がありません。

 

ただ、浅い傷については安価に消せるため印象アップの目的でも
車下取り前に手直ししておくと良いでしょう。

下取り0円でも諦めないで!!
その車!欲しい業者がいるかもしれません!!

>>利用しないと損するサービスとは?