比較しないで下取りしたら損します!

まさか13万キロの軽が7万で売れるなんて!
どこに行っても下取り0円と言われた車が売れた!

>>利用しないと損するサービスとは?

車の下取りは10年以内が望ましい?

車下取りに明文化されたものはないかもしれませんが、不文律のように語られる基準があります。

 

ずばり年数で、どんなに綺麗に使ってきた車でも10年を境に車下取りの評価がガクッと落ちるのです。

 

そもそも10年も乗ると、普段あまり車に乗らない家庭でも結構な走行距離になります。

 

10年で10万キロともなると、もはや0円査定待ったなしといった状況で
車下取りには厳しい雰囲気が漂ってくると感じているかもしれません。

 

車下取りの流れから中古車市場を覗いてみても
10年乗り潰した車はそうそう見つけられないのではないでしょうか。

 

では全く売れる気配がないのかというと、そうとも言い切れないのが難しいところです。

 

場合によっては車下取りの際の戦力にもなってくれるので
ボロボロの車の扱い方について考えてみましょう。

 

車下取りを前提に考えると、10年乗った車は足手まといにしかならない印象です。

 

確かに国内の中古車市場を見るとそうなのですが
海外に目を向けてみると状況が一変し車下取りにも活路が見えてくるでしょう。

 

確かに10年乗った車は車下取りの足しにならないほど古いですが
海外からの視点で言えばまだまだ現役車です。

 

とかく日本車に対する評価は高く、10万キロ程度ならまだまだ売れ筋といえるでしょう。

 

つまり、車下取りを検討する際に
海外への流通ルートを持っている業者だと値が付く可能性があるのです。

 

そもそも車下取りは業者ごとのパワー差が出やすく
広い販路を持っていれば需要も大きくなるため通常よりも高値に期待が持てるでしょう。

 

ただし査定における基本的な部分で差は出ないため
車下取りに際して過度な期待は禁物です。

 

車下取りの時に、今の車がどの程度の価値を持っているかの
大まかな計算が容易に行なえます。

 

10年ともなると廃車を勧められる事が多いですが
車下取りを考えているなら何とか利益を生み出したいところです。

 

スクラップでも得られる利益はありますが、処分にかかる費用も出てきます。

 

ただ、廃車の場合は自動車税還付のシステムがあるので
これを上手く活用する事で車下取りに近い効果を出せるのではないでしょうか。

 

仮に10年10万キロを超えていたとしても
極めて人気の高い車種で尚且つメンテナンスが十分にされている場合は
車下取りの対象として値がつく事もあります。

 

車の掃除は車下取りに際しても作業員の心象を良くする効果があるため
日頃から行っておくと良いでしょう。

下取り0円でも諦めないで!!
その車!欲しい業者がいるかもしれません!!

>>利用しないと損するサービスとは?