車の下取り価格とアルミホイール

下取り価格で気になるのが、新車購入に伴う、アルミホイールの評価で、どのくらいになるのかが気になるところです。

 

アルミホイールに関して、そのままの状態で車の下取り価格が、果たして上がるのかどうかは物の状態によります。

 

実際問題、夏用タイヤはスチールホイールに組み付けてあり、アルミホイールとスチールホイールならアルミホイールの方が車の下取り価格は上がるでしょう。

 

それなら、車を買う場合、春先のタイヤ交換の時期なら
スチールホイールは、車の下取り価格が上がることになります。

 

組み付けられた夏用タイヤに交換しないで
アルミホイールが組み付けられた方が、車の下取り価格はいいでしょう。

 

車を購入するディーラーに下取りに出す場合
アルミホイールは、車の下取り価格にある程度、影響します。

 

スチールホイールに夏用タイヤを組み付けてから下取りに出した方が
下取り価格は上がるでしょう。

 

下取り価格については、微妙で、それぞれのディーラーによって違うので
アルミホイールについては何とも言えません。

 

納車時に古い車を下取りに引き渡すなら
査定時はアルミホイールでも、車の下取り価格は影響ないでしょう。

 

引渡時に夏用タイヤにスチールホイールが組み付けられていたら
車の下取り価格は上がるかもしれません。

 

アルミとスタッドレスだとマイナス査定になるので
車の下取り価格を上げたいなら、基本はノーマルホイールです。

 

アルミが純正ならアルミホイール+ノーマルタイヤ山アリで
車の下取り価格はとんとんになるでしょう。

 

ただし、山が無ければマイナスとなるので
車の下取り価格でのアルミホイールの立場は微妙です。

 

スタッドレスは山無し同等の扱いで、車の下取り価格は
買った状態に近いほど基準価格で異なります。

 

下取り価格は、修理が必要である分がマイナスになるので
アルミホイールは大切に扱うことです。

 

厳密に査定をした場合、新車時にスチールであれば
車の下取り価格には影響しません。

 

実際、車の下取り価格は、上がるのではなく
マイナスであることが多いので、ある程度、覚悟は必要です。

 

古い車については、車の下取り価格は
値引き分も含んだ価格になっている場合が多いです。

 

結局、タイヤやアルミホイールは、車の下取り価格については
どちらでもいいですよと言われることも多いです。

 

何度オークションに出しても売れなかったアルミホイールは
車の下取り価格でも評価されません。