車の下取り価格は同じメーカーの方が高い?

車の下取り価格は、同じメーカーで新しく買い替えようとする場合、どのようなメリットがあるのでしょう。

 

今乗っている車と新車が同じメーカーの車なら、多くの人は、車の下取り価格を優位にすべく、下取りに出します。

 

メーカーに下取りに出すといった選択は、同じメーカーの場合、特に、車の下取り価格に影響するからです。

 

車の下取り価格というのは、新しい車を購入する同じメーカーの販売店に対してすることが多いです。

 

今まで乗ってきた愛車を売りに出し
その車の下取り価格で、同じメーカーの車の購入資金にするのです。

 

メーカーでの下取りについては、同じメーカーの販売店が何か所かあれば
どの店舗に行っても下取り価格はほぼ同じです。

 

それは、メーカーの販売店では
下取り価格について、基本の価格が決められているからです。

 

下取り価格は、購入してから何年車に乗ってきたのか
車の外側や内装などで、細かくチェックがされた上で減点されます。

 

車の下取り価格は、そうした方式で最終的に決定されるのですが
最近では買取業者が増えてきたことから、人気の高いメーカーや車種に違いがあります。

 

買取価格にはばらつきがあるので
車の下取り価格は、買取にするかで、拮抗することになります。

 

1円でも高く買取してもらうほうが有利になるので
最初から同じメーカーで車の下取り価格を決めないことです。

 

同じメーカーで、車の下取り価格については
中古車買取をするという選択肢があることを忘れてはいけません。

 

ただ、同じメーカーであれば
車の下取り価格は、同じかというと、必ずしもそうとは言えません。

 

新車に買い換える際、下取り価格は、同じメーカーでも
ディーラーが違えば、価格も違う場合があります。

 

下取り価格は、非常に微妙で
ひとくちに同じメーカーのディーラーといっても、いろいろな店があります。

 

店によって事情は違い、営業戦略が違うので
同じメーカーの車でも、下取り価格が違ってくる場合があります。

 

そこには、車の下取り価格の違いを生み出す
ディーラーの事情というものがあるので、注意しないといけません。

 

同じメーカーのディーラーであっても、販売チャンネルが異なる場合は
車の下取り価格は違ってきます。

 

トヨタであれば、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店
ネッツ店と4種類の販売チャンネルがあり、下取り価格は異なります。

 

日産自動車には、レッドステージ店とブルーステージ店の販売チャンネルがあり
やはり車の下取り価格は違います。