車の下取りで損をしない為には?

下取りというのは、新車を購入する際にするものですが、一般的にこの行為は、損をすることになります。

 

今まで乗っていた自分の車をディーラーに車の下取りをするというのは、中古車を売る手間が省けるのでやってしまう人が多いです。

 

車の年式が新しかったり、同じメーカーでの乗り換えによる車の下取りであれば、損することはないかもしれません。

 

しかし、車の下取りについては、通常、ディーラーが高くなる場合があっても
大半は損をすることになるので注意しないといけません。

 

買取業者に買い取ってもらったほうがお得であり
車の下取りについては、損するというのが普通なのです。

 

ちょっとした手間の省略で、下手をすれば、車の下取りの場合
買取りよりも50万円くらい損をすることもあります。

 

なぜそんなにも損をするかというと、車を売ることを目的としないで
車の下取りを新車購入と一緒にするからです。

 

下取りという行為は、他の競争相手である買い取ってくれる業者がいないので、損をしてしまうのです。

 

このせいで、車の市場相場が分からずに話を聞いてしまい
結果的に、車の下取りで損をすることになるのです。

 

確かに、車の下取りは、多少、額を低く設定したりなど
新車の値引きも一緒にしたりと、お得であるように思えます。

 

250万円で買い取ってくれる車があると
ディーラーは220万円で下取りする代わり、新車を10万円値引きします。

 

そうなると、結局、車の下取りでは
20万円もの損をすることになるので、大きな損失になってしまいます。

 

しかし、自分の車の値段をよく知らないので
車の下取りで損をしても、そのままで断らないのです。

 

最終的な金額には諸費用と値引きが混在するので
車の下取りでいくら損をしているかよくわからなくなります。

 

下取りというのは、非常に紛らわしい点があるので
よくよく注意しないと、損していることに気付きません。

 

査定の仕方の違いにも、買い取り額の違いがでてくるので
車の下取りでは、損することになります。

 

買い取り業者は市場の買い取り相場を基準に査定しますが
車の下取りの場合、年式、距離、傷などで評価します。

 

この違いにより、年式が古くても人気がある車種なら
車の下取りでは、買い取り業者よりも低い見積りになってしまいます。

 

大事なことは自分の車の買取相場をキチンと把握することで
そうしないと車の下取りで損することになります。

 

大幅な損を防ぐには、車の下取りで売るのではなく
一括査定サイトによる無料見積りを受けることです。

買取業者の人気ランキング!