ディーラーの下取り安い?

ディーラー 下取りについてよく言われるのが、下取りするとどうしても査定額が安いということです。

 

実際ディーラーの下取りで査定すると、買い取りよりも安いというのは事実で、どうしても安くなってしまいます。

 

またディーラーの下取りの場合、安いだけでなく、下取りをするディーラーによって査定額にはバラつきが出やすいです。

 

それは販売ルートの違いによるもので
ディーラーの下取りが買取専門店より安い大きな理由の一つになっています。

 

流通経路がディーラーの下取りが安い原因になっていて
買い取り専門店のように買取ることを得意としていません。

 

また海外への輸出ルートやオプションパーツの販売ノウハウなどについては
ディーラーは持ち合わせていません。

 

ディーラーの場合、自社の車を売ることが一番の仕事なので
そのことがディーラーの下取りを安くしています。

 

ディーラーの下取りが安いのは
下取りした車の売却ルートが多くないということが一因として挙げられます。

 

下取り車を高く買い取ると
後々買い取った車を高く売ることができず
ディーラーでの下取りは困ってしまいます。

 

 

新車の購入で利益が出ても損失を被ってしまう可能性が高くなるので
ディーラーの下取りの査定はそもそも安いのです。

 

査定するポイントの違いもディーラーの下取りが安いことに関係していて
ディーラーの場合、オプションパーツはプラス査定になりません。

 

買取専門店では販売ルートが確立されていますが
ディーラーの下取りはそうしたルートがありません。

 

そのためディーラーの下取りは
オプションをプラス査定するのが難しく安い査定になってしまうのです。

 

またディーラーの下取りの場合、査定を元にして
年式や走行距離から基本査定額を割り出していきます。

 

ディーラーの下取りは買取店とは査定するポイントに違いがあるので
下取りはどうしても安くなってしまうのです。

 

値引き交渉も関係していて、ディーラーの下取りの場合
安い理由として次に購入する車の値引きが関係しています。

 

新車の値引きは出来ないので下取り額を通常よりプラス査定するというのが
ディーラーの下取りの常套手段です。

 

これはディーラーの下取りが頑張っているのではなく
最初に下取り査定額を安く見積もっているのです。

 

本来の買取相場の限界まで引き上げているだけなので
ディーラーの下取りには騙されないようにしないといけません。

 

競争相手の違いも関係していて、ディーラーの下取りの場合
買取り専門店のように複数社との買い取り価格競争になることがありません。