比較しないで下取りしたら損します!

まさか13万キロの軽が7万で売れるなんて!
どこに行っても下取り0円と言われた車が売れた!

>>利用しないと損するサービスとは?

車下取りで自賠責は含まれる?

<タイトル>
車下取りで自賠責は含まれる?

 

<記事>
車下取りで自賠責は含まれるかどうか、そもそも保険の扱いはどうなるのでしょう。
車に乗る際は自賠責だけでなく様々な保険や税金のかかるものですが、車下取りで手放す際にそれらの扱いがどうなるのか気になります。
まず自動車税についてですが、これは4月1日を起点としてかけられるため車下取りの翌月から月割計算して還付されるでしょう。

 

自動車税は車に対してではなく、車の所有者に対してかかる税金です。

 

一方で自賠責ですが、こちらは税金ではなく保険という扱いなので車下取りでの扱いも自動車税とは少し異なります。

 

そもそも自賠責は車でも所有者でもなく、車検に対してかかるものです。

 

車下取りで車検済みかどうかは査定に直接影響する部分なので
自動車税とは根本から考え方が異なることになります。

 

車下取りで自賠責は含まれるかどうか、結論から言えば含まれるのです。

 

ただし全てのケースで自賠責が車下取りに含まれ還ってこない訳ではなく
物事には例外が存在します。

 

自賠責における例外は、車下取りが値引きではなく廃車を前提とした場合の時です。

 

新たに中古車として売り出される予定もない車に自賠責が付いていても意味はありませんから
この車下取りのケースは例外となります。

 

車下取りに出された車が中古車として販売される場合
そこに付いていた自賠責もセットという事です。

 

購入者は、車だけでなく車検と一緒に自賠責の権利を購入したと言えるでしょうか。

 

車下取りを経て入ってきた車検を通っている車かどうかは
中古車を購入する際の一つの目安になっているかもしれません。

 

もちろん、それは車下取りの際には査定として
中古車購入の際には代金としてしっかり含まれているのでしょう。

 

車下取りは、必ず通る道ではないかもしれませんが車の乗り換えに際して利用する可能性の多いものです。

 

イザという時に適正な行動が取れないと困るので
今のうちに車下取りの情報を整理しておくと良いでしょう。

 

買取りではなく車下取りを選択したという事は、車の乗り換えに急いでいるかもしれません。

 

だとすると、手続きはスムーズな方が良いですからね。

 

車下取りで自賠責は含まれるという事も
知っているのと知らないのとでは対応に違いが出てくるでしょう。

 

必ず車下取りに含まれる訳ではなく、査定でしっかり金額が出た上で戻ってくる事もあります。

 

反対に、何も言われず自賠責も戻ってこない事があります。

 

知らないと損をする事があるので、車下取りに関する情報はしっかり手に入れておきましょう。

下取り0円でも諦めないで!!
その車!欲しい業者がいるかもしれません!!

>>利用しないと損するサービスとは?