ディーラーの下取り自動車税還付される?

ディーラーの下取りについては、気になることの1つに、自動車税が還付されるのかという問題があります。

 

自動車税には還付制度があるのでディーラーの下取りの際でも年度の途中で車を手放すと残存期間に応じて還付されるように思います。

 

 

しかしそれには条件があり、ディーラーの下取りの自動車税還付については、できない可能性の方が高いです。

 

車を廃車したときに限って自動車税は還付されるようになっているので
ディーラーの下取りについては難しいのです。

 

廃車手続きをすると自動車税の還付通知書が送付されるので
ディーラーの下取りの場合は無理があります。

 

廃車に基づいた還付手続きをする流れになっていて
ディーラーの下取りは売却という手放し方になるので関係ありません。

 

廃車ではなくディーラーの下取りの場合
名義変更の形になるので、自動車税還付はされないということになります。

 

ディーラーの下取りは廃車という形ではなく売却ということになるので
自動車税還付はされないのです。

 

法的に戻ってくることはないということを
ディーラーの下取りの場合は覚えておかなくてはなりません。

 

ディーラーの下取りの際に知っておきたいポイントは
結局、自動車税還付はされないということです。

 

この件に関しては、基本的に自動車税還付はされないので
ディーラーの下取りについては注意が必要です。

 

下取りをするディーラーは自動車税も含めて査定額を出すので
ディーラーの下取りは自動車税還付がないのです。

 

ディーラーの下取りで車の買い替えを検討すると
自動車税還付はされないことになるので期待してはいけません。

 

納得が出来ない人はディーラーの下取りの際
査定金額に自動車税が含まれているかをしっかり確認しましょう。

 

ディーラーの下取りで自動車税還付されるかどうかについてはわかりやすく
自分で廃車の手続きをした時のみとなります。

 

査定額がディーラーの下取りの際にゼロ円と言われて
自分で廃車にする場合は、もちろん自動車税は還付されます。

 

自動車税還付は自分で廃車にした場合は可能なので
ディーラーの下取りで査定額が評価されない場合はできることになります。

 

ただ軽自動車の場合は自動車税還付の制度はないので
ディーラーの下取りをやめて廃車にした場合でも還付されません。

 

愛車が軽自動車の場合、ディーラーの下取りではなく
廃車にしても自動車税は戻ってこないので注意しましょう。

 

ディーラーの下取りと自動車税還付に関しては
ディーラーや販売店によっても異なるので査定後によく確認しましょう。