ディーラーの下取りで改造車はどう扱う?

 

ディーラーの下取りについては果たして改造車であっても取り扱ってくれるのかどうかが気になるところです。

 

基本的にディーラーの下取りの場合、正規の自動車販売店ということで違法改造車を売ることはできません。

 

また整備のためにディーラーの下取りは入庫させることもできないので、改造車の対応は厳しいものがあります。

 

そうした関係上、ディーラーの下取りについては
違法改造車については下取りできないことになります。

 

ただ注意しないといけないのは
ディーラーの下取りが下取りできなのは
違法改造車に限定されるということです。

 

要するに、保安基準に適合している合法な改造車であれば
ディーラーの下取りでも十分に対応してくれるということです。

 

昔は改造車というとほとんどが違法改造車でしたが
最近はそうでもないのでディーラーの下取りで査定してもらうといいでしょう。

 

ディーラーの下取りでは、合法な改造車であれば対応してくれ
近年、保安基準にも柔軟性が出てきています。

 

保安基準に適合さえしていればディーラーに入庫可能なので
改造車でもディーラーの下取りは大丈夫です。

 

車検もちゃんとクリアできるので、改造車であっても
とりあえずディーラーの下取りは安心していいでしょう。

 

最近の社外品パーツは保安基準のことを考えて作られているものが多く
ディーラーの下取りでも対応してくれます。

 

爆音マフラーではなく保安基準をクリアした
車検対応マフラーであればディーラーの下取りでも問題ありません。

 

足回りも今では最低地上高90ミリを保っていれば
車高を下げてもよくディーラーの下取りで
改造車を査定してもらえる可能性は高いです。

 

保安基準に適合している違法でない改造車であれば
ディーラーの下取りでもしっかり査定してくれます。

 

ディーラーの下取りでは、保安基準に適合している
合法な改造車であると判断されれば査定はしてくれます。

 

このことはディーラーの下取りだけではなく
買取店でも全く同じ判断になるので覚えておきましょう。

 

違法改造車の売買は法律に抵触するので
違法改造車はディーラーの下取りでは下取りしてくれません。

 

しかし改造車の場合、ディーラーの下取りに査定を頼むと
あまりいい顔はされないのは事実です。

 

ドレスアップした改造車はディーラーの下取りでは
ノーマルな自動車よりいい車として売りにくいからです。

 

改造車はディーラーの下取りに出すよりも
中古車の専門業者に依頼して売却する方が高額で買取りしてもらえます。

買取業者の人気ランキング!