ディーラーの下取り車が故障した場合はどうなる?

 

ディーラーの下取りに際してやっかいなのが故障した時で、下取り車をディーラーに引き渡す場合には注意しないといけません。

 

なぜならディーラーの下取りについては、原則、査定時の状態で引き渡すというのが決まりになっているからです。

 

契約書や査定書などにはディーラーの下取りにおいて
そうした文章がきちんと記載されているので確認しておきましょう。

 

走行距離以外は契約時の状態で引き渡すというのが原則なので
ディーラーの下取りで故障した時は注意が必要です。

 

引き渡しまでにディーラーの下取りで故障した場合は
すぐにお店に連絡して故障について説明する必要があります。

 

納車までに下取り車が故障してしまった場合は
ディーラーの下取りの店に連絡をして
どうすればいいのかを相談することです。

 

走行に支障のない程度の故障であればディーラーの下取りの場合
セールスマンが見逃してくれることもあります。

 

ディーラーの下取りで納車前に故障した場合
走行ができなかったり動かない場合には注意しなければなりません。

 

そうした場合、ディーラーの下取りの場合
修理してから引き渡し欲しいと言われる可能性があります。

 

また、故障するとディーラーの下取りから
引き渡し後に修理代を請求されることもあるので油断してはいけません。

 

いずれの場合も店に相談するとすぐに回答してくれるので
故障した時はすぐにディーラーの下取りに相談しましょう。

 

ただ引き渡しまでにキズをつけてしまった場合は
故障と違いディーラーの下取りにいいにくいものです。

 

しかし引き渡しまでにキズをつけてしまった場合も
ディーラーの下取りの場合、やはりすぐに伝えるべきです。

 

キズの度合いにもよりますが軽微なものなら
ディーラーの下取りでは見逃してくれることが多いです。

 

ディーラーの下取りにおいて、引き渡しまでに故障で
車がなくなった場合はどうすればいいか悩んでしまいます。

 

引き渡しまでに故障で車が廃車になってしまった場合は
ディーラーの下取りにおいては下取り車なしとなります。

 

この場合は下取り車代分が
ディーラーの下取りから請求されることになり
これは仕方のないことでしょう。

 

もらい事故の故障で被害者になって
加害者からお金を貰える時でも
ディーラーの下取りからは直接請求されます。

 

故障で車が廃車になると新車納車にも問題が出ることになるので
ディーラーの下取りのお店にすぐに相談しましょう。

 

とにかく故障などで下取り車にトラブルがおきた時は
まずはディーラーの下取りのお店に相談することが大事です。

買取業者の人気ランキング!