比較しないで下取りしたら損します!

まさか13万キロの軽が7万で売れるなんて!
どこに行っても下取り0円と言われた車が売れた!

>>利用しないと損するサービスとは?

ディーラーの下取り仕組み

ディーラーの下取りの仕組みについては、下取りと言っても根本的には買取業者に売る場合とさして変わりません。

 

ただ手にするのは現金ではなく、ディーラーの下取りの場合、新しい車の購入資金に充てられることになります。

 

これこそがディーラーの下取りの仕組みの最大の特徴で
150万円の車を購入して20万円の下取り金額が出たら
そのお金は次の車に充当します。

 

車買取の場合、そのまま20万円の現金を受け取ることになるのですが
ディーラーの下取りの仕組みは違うのです。

 

この場合、ディーラーの下取りの仕組みでは
150万円の新車を130万円で買う権利が与えられることになります。

 

端的に言うと、車を処分することで新しい車の購入資金を作るのが
ディーラーの下取りの仕組みと言えます。

 

また買取査定額の目安についてもディーラーの下取りの場合
車買取業者の場合と仕組みが異なります。

 

ディーラーの下取りの仕組みは
買取業者のように中古車のオークション市場での価格を
目安にしません。

 

この程度の価格で買い取るのが妥当だという風に
ディーラーの下取りでは値踏みすることはありません。

 

下取り基本価格表を参考にして査定価格を出すのが
ディーラーの下取りの仕組みであり、価格表を元に目安を算出します。

 

いわゆる、この車種と年式であれば
大体この程度の価格が妥当というのが
ディーラーの下取りの目安の仕組みになります。

 

このことから同じ年式や車種でも買取業者と
ディーラーの下取りでは仕組み違うので
査定額が変わることがよくあります。

 

新しい車の購入を検討する場合、ディーラーの下取りの仕組みは違うので
下取り業者だけに査定を出すのは賢明ではありません。

 

車種や年式、車の状態によってはディーラーの下取りより
買取業者の方が高い金額を出す可能性が高いです。

 

ディーラーの下取りの仕組みは買取業者と異なるので
できるだけ両方に査定を出すようにしましょう。

 

中古車として販売する予定額から利益や経費を差し引いた金額が
ディーラーの下取りの査定額になります。

 

利益や経費には決まった額がないので
ディーラーの下取りの仕組みの場合
買い叩きがある可能性があります。

 

下取りした車で損失を出してたくないので
ディーラーの下取りの仕組みは販売価格を
予想してその価格から利益を引いています。

 

車を売却して新しい車の購入を考える場合は
ディーラーの下取りの仕組みを良く理解してから利用する必要があります。

 

買取業者とディーラーの下取りの仕組みを比較すると
一般的には買取業者に頼んだ方が高く売れる可能性が高いです。

下取り0円でも諦めないで!!
その車!欲しい業者がいるかもしれません!!

>>利用しないと損するサービスとは?