ディーラーの下取りで事故車はどうなる?

 

ディーラーの下取りについては、事故車の処分についても果たして依頼することはできるのでしょうか。

 

この辺は非常に気になるところですが、ディーラーの下取りで事故車を下取り依頼するという方法は可能です。

 

ただしディーラーの下取りで事故車を依頼することはできるのですが
損する可能性が高いのであまりおすすめできません。

 

なぜならディーラーの下取りの本来の仕事は
自社の車を売ることにあり、買取りについては得意としていません。

 

そのためディーラーの下取りは買取業者と比べると
事故車を取り扱うノウハウに長けていなくて、評価が低くなりがちです。

 

そもそも事故車は人気がなく、トラブルも多いリスクの高い車なので
ディーラーの下取りでは当然不人気車になります。

 

基本的にディーラーの下取りの場合
事故車の下取りについては積極的ではない傾向にあります。

 

ディーラーの下取りでも事故車は引き取ってはくれますが
比較的綺麗な事故車でないと評価はしてくれません。

 

状態の良くない事故車の場合
ディーラーの下取りに持っていっても廃車を
すすめられるがオチと考えた方がよさそうです。

 

事故車で状態が悪いものをディーラーの下取りに持っていくと
実質無料で廃車費用なしの結果になりやすいことを覚えておきましょう。

 

買い替えがディーラーの下取りでは前提となるので
事故車に対して価値をつけて下取りすることはないのです。

 

事故車に価格をつけてディーラーの下取りしてくれる場合は
値引きを抑えて下取り価格を上げているだけなので注意が必要です。

 

要するに書類上買い取ったように見せているだけなので
ディーラーの下取りの事故車の引き取りは慎重に行いましょう。

 

はっきり言ってディーラーの下取りの事故車の査定価格は
申し訳程度に過ぎないことがほとんどです。

 

ディーラーの下取りで事故者の評価が低いのは
買い取った事故車を転売するノウハウを持っていないからです。

 

ノウハウが全くないわけではありませんが
ディーラーの下取りは買取業者と比べて転売能力はどうしても劣ります。

 

そのためディーラーの下取りでは事故車の下取りには積極的でなく
高く値段をつけて事故車を下取りすることはありません。

 

結局、ディーラーの下取りで事故車を出すと
損をする可能性が高くなるのでおすすめはできません。

 

ディーラーの下取りは新車を売るのが仕事なので
事故車を転売する技術は極めて乏しいと言わざるを得ません。

 

専門の業者と比較すると転売能力は落ちるので
ディーラーの下取りに事故車を査定してもらっても高く買取できないのです。