ディーラーの下取りは損する理由は?

ディーラーの下取りは損する理由は?
ディーラーの下取りをするとメリットとして、新車購入までの手続きがスムーズに進むというものがあります。

 

車の売却から新しく手に入れる車の購入まで場所が一か所でできるのでディーラーの下取りはスムーズに事が運びやすいです。

 

できるだけ手間を掛けたくない人や時間がない人は
ディーラーの下取りを選択するとよく手っ取り早く済ませることができます。

 

また、ディーラーの下取りの場合
新車の値引きをしてもらえるというメリットもあり
安く購入することができます。

 

しかし一方でディーラーの下取りは安く下取りされる可能性が高く
損をする可能性もあるので注意しないといけません。

 

下取り車があると新車の値引き交渉を有利に進められるのですが
ディーラーの下取りの場合、損をすることが少なくありません。

 

そのためディーラーの下取りにおいては
今乗っている愛車の査定額をあらかじめ調べておく必要があります。

 

ディーラーの下取りでは交渉材料を用意しておかないと
有利に交渉を進めることができずに損をする可能性が高くなります。

 

とにかく査定額が低いのがディーラーの下取りの特徴で
人気の車種や人気のカラーでも評価してくれません。

 

その辺がディーラーの下取りの致命的なところで
車の下取り査定額には反映されないことがほとんどなのです。

 

下取り額はディーラーの下取りの場合
販売店のマニュアルによって決まるので市場の需要は無視され
結果的に損するのです。

 

またディーラーの下取りは、下取り車をそのまま買取店に売却することから
利益が出るように査定額をつけるようにします。

 

そうしたことからディーラーの下取りでは
売却する側にとっては買取店と比べて損をしてしまうわけです。

 

社外品はマイナス査定になることがディーラーの下取りでは多く
タイヤやホイール、エアロパーツなどは評価が低くなります。

 

ディーラーの下取りでは手間暇かけた車でも
社外品が装着してあると下取り査定額に反映されません。

 

社外品はマイナス査定の原因になることが多く
ディーラーの下取りを受けると損する可能性が高いです。

 

ディーラーの下取りに出すということは
新しい車を購入することが前提条件になっていて
ある程度乗りたい車が決まっています。

 

そうしたことからディーラーの下取りの査定額については
複数社を比較することが難しくなってしまいます。

 

また新車の値引きを考慮して比較しないといけないので
ディーラーの下取りの査定額の評価が良いのか悪いのかよくわかりません。

 

同じメーカーで乗り換えるディーラーの下取りは
買取業者に買い取ってもらうより大抵は損をします。

買取業者の人気ランキング!