ディーラーで下取りされたその後は?

ディーラーに下取りをすることは多く、それは、どんな人でも一生のうちに使用する車は1台だけということはないからです。

 

2〜3年くらいで新しい車に乗り換える車好きの人も多いので、ディーラーに下取りに出す人はよくいます。

 

長く大切に使用している車でも経年により、買い替えの時期はやってくるので、ディーラーに下取りに出すのは当然です。

 

ただ、気になるのが、ディーラーに下取りに出したその後で
どのように扱われるのかが問題ですよね。

 

最近は、車を買い替えるとき、ディーラーに下取りに出すだけでなく
中古車買い取り専門の業者に売却するケースもよくあります。

 

ネットオークションに出すなど、ディーラーに下取りに出すだけでなく
様々な選択肢が用意されています。

 

新しい車を購入するディーラーに下取りに出した場合
下取りしてもらった車はその後、どうなるのでしょう。

 

ディーラーに下取りに出したその後を知っておけば
査定額アップを望めるかもしれないので大事なことです。

 

基本的に、ディーラーに下取りに出した車が7年以上経過している場合
査定額は0円になります。

 

しかしディーラーの下取り額が0円であっても買取専門業者に見積もりすると
金額が提示されることが多いです。

 

そのため、ディーラーに下取りに出すよりも
買取業者に出す方がお得に車を手放すことができると言われています。

 

基本的に、ディーラーに下取りされた車のその後は
0円と査定した下取り車を業者に売って儲けることを前提としています。

 

人気車の場合、ディーラーに下取りされた車はその後
海外に輸出したりすることが多いようです。

 

また、不人気車の場合、ディーラーに下取りされた車はその後
代車にしたり、分解してパーツにして海外に売却します。

 

ディーラーに下取りされた車は、そのままを輸出すると輸送量が高くつくので
利益を出すために部品にして販売するのです。

 

要するに、ディーラーに下取りされた車はその後
いかに利益を出すかを考えているわけで、様々な手段を講じます。

 

一般的に、ディーラーに下取りされた車はその後
商品として売り出されるので、まずは整備や清掃が行われます。

 

その後、ディーラーに下取りされた車は、自社系列の中古車販売業者に買い取られ
業者の商品として店頭販売されます。

 

自社系列で販売が難しくなると、ディーラーに下取りされた車はその後
オークションに流れていくことになります。

 

端的に言えば、ディーラーに下取りされた車はその後
販売する仕入れ商品として扱われるわけです。

買取業者の人気ランキング!