ディーラーに下取りを出すメリットは?

ディーラーに下取りに出すメリットは、どれだけあるのかということに関しては、疑問を呈する人も少なくないでしょう。

 

なぜなら、最近は無料一括買い取り査定サイトがあり、ディーラーに下取りに出すよりも有利に売却できるからです。

 

こうしたことを考えると、ディーラーに下取りに出すメリットは全くないように思ってしまいますが、そんなこともありません。

 

基本的に買取査定サイトの利用が推奨されているのですが
ディーラーに下取りに出すメリットもあるのです。

 

相場に関しては、買取りの方がディーラーに下取りに出すよりメリットは大きいのですが
ケースバイケースです。

 

場合によっては、買取りの査定額よりもディーラーに下取りに出す方が
大きな価値があることもあります。

 

たとえば、同メーカーの車の場合
ディーラーに下取りに出す方が、買取よりも高値がつくことが多いです。

 

ディーラーに下取りに出すメリットは、車の売却と購入が一緒にできることで、手続きも簡単です。

 

また、新車購入の場合、ディーラーに下取りに出した方が
有利な値段で交渉できるメリットがあります。

 

そして下取りの場合、全てをディーラーに任せることになるので
信頼関係が築けるメリットもあります。

 

さらに、ディーラーに下取りに出すと、オークションで人気のない車の場合
買取りよりも高値がつく可能性大です。

 

一番大きいディーラーに下取りに出すメリットは
やはり、同メーカーの車を購入する際、査定額のプラスが見込めるところでしょう。

 

価格以外で考えると、現存車から購入車の乗り換えがスムーズなのも
ディーラーに下取りに出すメリットの1つです。

 

車なし期間がないので、ディーラーに下取りに出すと
非常にスムーズに車を買い替えることができます。

 

ディーラーに下取りに出すのは意外とメリットがあるのですが
見てもらう業者によっても異なります。

 

そのため、ディーラーに下取りに出すだけでなく
買取店でも両方で査定してもらうことを忘れてはいけません。

 

要するに、ディーラーの下取りと買取店での査定を比較して
その上でしっかり決めるというのが一番です。

 

まずは買取店に出して査定を受けて相場を知り
それをディーラーの下取りの際の交渉に利用すると良いでしょう。

 

買取査定の額を提示し、購入する車の値引きと下取車の査定額を別で考えれば
ディーラーに下取りに出すメリットを最大減に生かせます。

 

査定でプラスが期待できない場合でも、諸経費の値引き交渉にあたれば
ディーラーに下取りに出すメリットはありますよ。