ディーラーの下取りと横流しについて

 

ディーラーの下取りについては、横流しがあり、最近こそかなり減りはしましたが、昔は営業マンが下取り車をよく横流ししていました。

 

横流しがディーラーの下取りで行われると、名義変更がきちんとなされないので、中古で売る際、トラブルになることがよくあります。

 

基本的に、横流しするような人は名義変更はきちんとするのですが、儲け優先のディーラーの下取りの場合、話は別です。

 

しかしそれは昔の話で、昔はディーラーの下取り業者も横流しするのが
意外と普通だった時代があったのです。

 

とにかくお金が儲かればいいと思って
ディーラーの下取り業者がいい加減に横流しすることは珍しくありませんでした。

 

ディーラーの横流しは、値引き充当に当たり、支払い総額は変わらないのに
値引き額が増えように錯覚させるテクニックになります。

 

値引き額を通常よりも高く値引きしたように思わせ
得したと思わせるのがディーラーの横流しのテクニックです。

 

ディーラーの下取りの際、行われる横流しは、値引き額が増えた分
下取り額が減るので支払い総額は変わりません。

 

そのため、全然得することはなく、これがディーラーの横流しの悪質なところで
普通にまかり通っています。

 

こうしたディーラーの横流しという商習慣があるので
その辺は自身でしっかり対応していかなくてはなりません。

 

一般的にディーラーの下取りよりも買取業者の方が高く買ってもらえるので
横流しの誘惑には乗らないようにしましょう。

 

下取りをした際、ディーラーの見積もりが安いと思った時は
一括査定サイトに登録して査定してもらうことです。

 

営業マンが下取り車を他の業者に転売するのがディーラーの下取りの横流しになるので
十分な注意が必要です。

 

こうした横流しは、ディーラーの所得隠しにもつながっていて
下取り飛ばしともいわれています。

 

ディーラーの下取りの際の横流しについては
意外と新車の営業マンの多くの人が経験しているようです。

 

なぜなら、人気の買取店が沢山ある今の時代に
ディーラーの下取りで納得してくれるお客さんはいないからです。

 

営業マンが中古販売店に転売して利益を得るディーラーの下取りの横流しは
新しい車を買った人は満足します。

 

しかしディーラーの横流しはやはり悪質で
営業マンもお客さんも両方が満足できるように努力すべきです。

 

横流しがバレるとディーラーの営業マンは解雇されるリスクがあるので
注意しないといけません。

 

私服を肥やすためだけに、ディーラーの下取りで横流ししている営業マンに
厳しい処罰が科されるのは当然ですよね。