比較しないで下取りしたら損します!

まさか13万キロの軽が7万で売れるなんて!
どこに行っても下取り0円と言われた車が売れた!

>>利用しないと損するサービスとは?

ディーラー下取りで廃車にする場合の注意

ディーラーに下取りに出す際、不要な車を廃車にして、引き取ってもらうことも可能なので便利です。

 

ただし、ディーラーの下取りで廃車を依頼するのは、デメリットもあるのでよく考えて検討しないといけません。

 

廃車をディーラーの下取りで依頼するメリットは
廃車手続きを全て任せられるところで楽にできるところです。

 

また、新車への乗り換えを条件に好条件で廃車を下取りしてもらえるメリットがディーラーにはあります。

 

そして、納車まで廃車にする車を乗り続けられるというのもディーラーに下取りするメリットの一つです。

 

しかし、ディーラーの下取りで廃車にすると、廃車手続きの手数料が高くつくデメリットがあります。

 

また、ディーラーの下取りで廃車にすると
下取りを好条件にする代わりに新車の値引額を減らされることもあります。

 

ディーラーの下取りで廃車にしてしまうと
廃車の還付金が戻ってこない可能性があるデメリットも懸念されます。

 

基本的にディーラーは車を売ることで利益を得ているので
はっきり言って廃車の下取りについては積極的ではないです。

 

廃車をディーラーの下取りで依頼するのは可能なのですが
下取りした廃車は解体業者に転売します。

 

別の業者へ転売するのでマージンが発生することになり
結果、ディーラーの下取りの廃車はコストが高くなります。

 

新車を購入する場合、ディーラーに下取りに出すと
下取車が事故車であってもそれなりに高く価格を設定してくれます。

 

しかしこれは廃車にする車に対して好条件の値を出すことで
ディーラーの下取りでのお得感を出しているにすぎません。

 

あくまで好感と恩義を抱いてもらうための心理作戦なので
ディーラーの下取りでの廃車はあまりおすすめできないです。

 

ディーラーの下取りで廃車にする場合、廃車は本来手数料を請求しますが
新車を購入してもらえるなら安く下取りすると言われます。

 

それはあくまでディーラーの下取りの作戦で、高い確率で新車を購入してもらえることを狙っているのです。

 

自分で廃車の手続きをすれば還付金を受け取れますが
ディーラーの下取りで廃車にすると還付されないことがあります。

 

廃車の申請をする前に、ディーラーの下取りの場合
譲渡の手続きをするので、還付金はディーラーが受け取ることになります。

 

廃車の還付金はディーラーの儲けになるので、儲けを見込んで値引き額を上乗せする業者は多いです。

 

本来は自分が受け取るはずの還付金がディーラーに行く可能性が高いので
廃車にするときは必ず確認しておきましょう。

下取り0円でも諦めないで!!
その車!欲しい業者がいるかもしれません!!

>>利用しないと損するサービスとは?