ディーラーでの下取りとオークション比較

ディーラーでの下取りは、車を売却する手段の一つでしかありません。

 

他にも方法はあるので、特別に急いでいる訳でもなければ視野を広げてみましょう。

 

自動車を売るという事は、大抵の場合は購入も検討しているのでしょうからディーラーでの下取りは合理的です。

 

購入と売却、この二つの作業を同時に一か所で行える訳ですからね。

 

しかしメリットがあれば反対にデメリットも存在し
ディーラーでの下取りは足元を見られがちという点です。

 

高評価を得にくく、その車の相場より大幅に安くなる事も珍しくありません。

 

数十万円の差が付くこともありますから
ディーラーに下取りへ出す事を前提としても色々考えて損はないでしょう。

 

走行距離的にどう考えてもディーラーで値段が付きそうにない車でも
希少性が高いものであればオークションに期待できます。

 

ディーラーとは、言わばメーカーのお墨付きを得ている店です。

 

そこへ改造車を持って行って下取りに出したいと言っても
ディーラー側から難色を示されるだろう事は明白でしょう。

 

いわゆる違法改造でない、ドレスアップ程度のカスタマイズであっても
やはりディーラーとしては微妙なのです。

 

ディーラーは正規店ですから、車も標準仕様のものを取り扱っています。

 

もっとも絶対に受け付けない、という事はないようなのでひとまず安心です。

 

最近は適法な改造ができるよう社外品も頑張っているので
昔ほどディーラーは神経質になっていないでしょう。

 

もちろん、その合法的な改造車をディーラーへ下取りに持っていけば
改造した車という条件で査定される事になります。

 

因みに違法改造車の場合は、大幅なマイナス査定は必至ですから
ディーラーでなくとも売買は難しいでしょう。

 

オークションという手もありますが、ディーラーとは勝手が大きく異なるので注意が必要です。

 

ディーラーでは下取りできる可能性の低い違法な改造車ですが
買取自体はできる可能性があります。

 

なマイナス査定の要因は、その改造を元に戻すための費用を考慮されるためです。

 

違法改造車をそのままの価値で見てほしい
となるとディーラーや中古車買取店ではなく
オークションのような直接的な売買になってくるでしょう。

 

個人間でのやり取りになるためトラブルが起きやすく
ディーラーでの下取りに比べると売るまで相当の手間がかかります。

 

美術品的な扱いをされる希少な車はともかく
違法改造は避けた方が良さそうですね。