ディーラーの下取りで減額

ディーラーで下取りしてもらうにしても中古車買取店で売却するにしても、評価は一円でも高い方が嬉しいですね。

 

そのために、と言うと大げさに聞こえるかもしれませんが車は丁寧に扱いたいです。

 

しかし、ただ丁寧に乗っていれば評価は良いというものではないので
ディーラーや中古車買取店で減額されないよう査定されるポイントを把握しておきましょう。

 

まずは車種と色なのですが
ずばり自動車はディーラーで購入する前から売却時の値段が大体見えています。

 

簡単に言えば、人気の高い車種と色を選んでおけば下取りの時に高評価を得やすいのです。

 

ディーラーで下取りした車は中古車として再整備されて市場に流れますから
高く売れる車は高評価という訳です。

 

ディーラーから届いた人気の車を丁寧に乗って
そろそろ売ろうという時に査定に出して上々の評価だったからといって油断はできません。

 

ディーラーへ査定に出すという事は、下取りで車を購入されるのでしょう。

 

その、購入予定の車が契約してすぐ家にやって来るとは限りません。

 

ディーラーから新しい車が家にやって来るまで自動車なしの生活
では大変ですから下取り車に乗り続ける事になるでしょう。

 

その時、もし事故を起こしてしまえば当然ながら査定時の価格から減額されてしまいます。

 

事故以外にも減額されるリスクは色々あり
たとえばディーラーへ持って行った時と査定の時とで装備が異なるのも問題です。

 

ディーラーへの下取りは、基本的に査定時と同じ状態の車でなければなりません。

 

例外的に走行距離はディーラー側も考慮しないようですが
それでも長時間乗っていれば事故や破損のリスクは高くなります。

 

ディーラーで査定をしてから実際に下取りされるまで、若干の時差がある場合があります。

 

その時に、下取りに出す予定の車に乗り続けていると減額されてしまうリスクを負います。

 

それを避ける手段としては、一時的に車を使わないようにするか
ディーラーから代車を借りる方法が挙げられるでしょう。

 

前者は人によって可不可の判断が分かれるところで
後者はディーラーが無料で用意してくれる事が多く一見すると安心です。

 

しかし、乗り慣れた車とは異なるため不安が全くない訳ではありません。

 

いくら減額されるといっても、ディーラーへ持っていくまでの間を
普段通りに運転して過ごせば何も問題はないのです。

 

室内のシミや臭いはともかく、外装の汚れに関しても
ディーラーが再査定を要求するような事はないでしょう。